国立歴史民族博物館にて「東日本大震災と気仙沼の生活文化」開催中

開催期間: 2013年3月19日(火)~9月23日(月祝)
主催: 人間文化研究機構
(国立歴史民俗博物館、国立民族学博物館、国文学研究資料館)

※この事業は、財団法人JKAの支援を受けて行なっています。

趣旨

東日本大震災は三陸沿岸の広大な地域で甚大な被害をもたらしました。
現在、被災した地域では生活の復旧が急ピッチで進んでいます。
当館では震災直後から気仙沼市小々汐地区の旧家である尾形家住宅など、
被災した個人の住宅を対象に被災した生活用具や民具、文書などを救う活動をしてきました。
また取り組みを通じて、生活の復旧と再編に向けて、博物館が担う役割について
検討してきました。

尾形家住宅の一部は当館の新しい総合展示第4室「民俗」で再現展示をします。
同時に、今回の特集展示では、被災地における当館の取り組みを紹介し、
さらにはその取り組みからみえてきた気仙沼の人びとの生き方、
生活文化に迫ります。

主な展示物(予定)

  • 救出・整理作業で使った道具(長靴・テンバコなど)
  • 生活用具・民具・文書の救出作業(映像)
  • 昭和三陸大津波の日記(気仙沼・尾形家)
  • チリ地震津浪見舞申受帳(気仙沼・尾形家)
  • 津波・地震の見舞いハガキ(気仙沼・尾形家)
  • 明治三陸津波の後に興された家の生活用具・民具・文書(気仙沼・三浦家)

など

被災した尾形家住宅   被災した尾形家住宅における文化財レスキュー活動

被災した尾形家住宅

 

被災した尾形家住宅における文化財レスキュー活動

整理の終わった資料を入れたテンバコ   チリ地震津浪見舞申受覚(チリ沖地震津波の記録)

整理の終わった資料を入れたテンバコ

 

チリ地震津浪見舞申受覚(チリ沖地震津波の記録)

尾形家に伝わる堀子本判(金の採掘許可の鑑札)   三浦家で使われていたトコロテン突き

尾形家に伝わる堀子本判(金の採掘許可の鑑札)

 

三浦家で使われていたトコロテン突き

※内容は変更する場合があります。ご了承ください。