防潮堤を再考するシンポジウム開催

日時:2013年6月23日(日) 13:00〜16:00
場所:東京大学駒場キャンパス 18号館1階 ホール
地図はこちら

シンポジウム スケジュール

第1部 現地からの報告
司会 丸山 真人 (東京大学大学院総合文化研究科教授)
山内 明美 (一橋大学大学院言語社会研究科、宮城県南三陸町)趣旨説明 20分
三浦 友幸(宮城県気仙沼市)気仙沼市大谷海岸からの報告 30分
碇川 豊(岩手県大槌町)大槌町の現状と鎮魂の森構想について 30 分

(休憩 15分)

第2部 セッション
司会 丸山 真人(東京大学教授)
小熊 英二(慶応義塾大学教授)
三浦 友幸(気仙沼市大谷地区)
碇川 豊 (岩手県大槌町)
高橋 博之(岩手県花巻市)

主催:東北から日本の未来を考える会
共催:東京大学大学院総合文化研究科 「人間の安全保障」プログラム (HSP)
防潮堤を勉強する会(気仙沼)
後援:公益財団法人日本生態系協会/「人間の安全保障」プログラム(HSF)