陸前高田の被災民宿が再開

 

陸前高田市米崎町の吉田広行さん(53)と聡江さん(52)夫妻は、東日本大震災で全壊した「民宿吉田」を同町に再建し、約2年ぶりに営業を始めた。被災した市内の宿泊施設で初の再開。復興関連工事が進み、宿泊施設への需要が高まる中、「復興の役に立ちたい」と再建を決意。訪れる人を温かく迎え入れ、夫婦二人三脚でもり立てていく。

 新しい民宿は木造2階建てで広さ約490平方メートル。10畳と8畳の和室7部屋と14畳ほどの客室の計8部屋で、約30人が宿泊できる。約30人分のテーブル席を用意した食堂、男女別の浴場も備えた。

 30年前に開業し、夫婦二人で切り盛りしてきた。津波に全て奪われ、震災直後は「再建は無理だ」と思ったという。しかし、公的な補助制度が活用できることを知って決意を固めた。広行さんは「復興の役に立ちたいという気持ちが一番だ」と力を込める。今後は、工事関係者の宿泊が中心とみているが聡江さんはお盆や連休などには「仮設に暮らす家族を訪ねて来る人も利用してほしい」と笑顔で話す。

 1泊2食6500円(税抜き)。長期滞在については相談に応じる。問い合わせは民宿吉田(0192・55・2943)へ。

 

【写真=再開した民宿で「復興の役に立ちたい」と語る吉田広行さん(右)、聡江さん夫妻】

岩手日報より http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20130404_1