岩手県大船渡市向けスラリーアイスプラントを受注

Hitz日立造船株式会社は、このほど、岩手県大船渡市(戸田 公明市長)より、新大船渡魚市場に建設するスラリーアイスプラント(製氷能力:約42t/日)を受注しました。

 大船渡魚市場は、岩手県の中心的な魚市場であり、大船渡市をはじめ岩手県沿岸南部の漁業者の水揚げ基地の役割を担ってきましたが、施設自体が老朽化、かつ衛生管理等が重視される以前の設計であることから、高度衛生管理にも対応した三陸地域の水産流通拠点として新魚市場の建設が進められてきました。しかしながら、建設の途上で東日本大震災津波により被災したため、現在早期完成を目指して被災個所の復旧及び残工事が実施されています。

 本件は、東日本大震災以降、三陸地域で製氷施設が不足し、魚市場への水揚げが困難になっていることから、同地域の水産流通拠点である大船渡市が、水産業の復旧・復興を目的に新大船渡魚市場施設に隣接してスラリーアイスプラントの建設を計画したものです。
 大船渡市では、本プラント導入による同地域での水産物の鮮度保持能力の向上や水揚げ量の増加を見込んでおり、スラリーアイスによる大渡産水産物のブランド化などの効果が期待されています。

 スラリーアイスは、直径1㎜以下の球状の氷から構成されているため、魚体を傷つけないほか、魚体に触れる表面積が大きく、効率的に冷却できることから鮮度保持に最適な氷として注目されております。また、流動状態であることから、貯氷タンクから配管による長距離無人搬送が可能であり、作業性や衛生面でも優れています。

 当社は、東日本大震災で被災した漁港へのスラリーアイスプラント6基の貸与や、がれき処理の仮設焼却炉を宮城県内に6基納めるなど被災地域の復興支援に取組んできました。また、当社は、米袋の放射線検査装置を開発し、福島県の市町村向けに多数納めておりますが、これら製品や技術開発を通じ、今後も東日本大震災からの復興支援に積極的に貢献していく所存です。

 なお、本件の概要は以下のとおりです。

1.発 注 者:岩手県大船渡市(戸田 公明市長)
2.工 事 名:大船渡市製氷施設新設工事
3.建設場所:大船渡市大船渡町字永沢地内
4.製氷能力:約42t/日
5.納  期:平成26年2月28日
6.受注金額:565,000,000円(税抜)

情報元URL http://www.hitachizosen.co.jp/news/2013/04/000840.html