南三陸さんさん商店街すがも店オープニングセレモニー

このたび、大正大学(学長:勝崎裕彦 本部:東京都豊島区西巣鴨3-20-1)が
地域・社会との交流を深めるため、建学の理念を具象化した仏教文化施設として、
巣鴨キャンパスに建設を進めてきた「すがも鴨台観音堂(すがもおうだいかんのんどう)」
(通称:鴨台さざえ堂)が竣工した。
これに伴い、5月18日(土)午後1時より落慶記念式典を挙行する。

 また、式典に先立ち、同日正午より東日本大震災直後より継続して支援を行っている
宮城県南三陸町の復興仮設商店街「南三陸さんさん商店街」のアンテナショップとして
隣地マンションの1階に開設する「南三陸さんさん商店街すがも店」のオープニングセレモニー
もあわせて行う。

■すがも鴨台観音堂(すがもおうだいかんのんどう)とは
 すがも鴨台観音堂は八角・三匝(さんそう)の階堂で、1階に不動明王の使者である制多迦童子(せいたかどうじ)、頂上階に聖観自在菩薩(鴨台観音)を安置しています。内部は往路と復路が交わることのない二重螺旋構造になっており、その様子を巻き貝のサザエ(栄螺)に例えて「鴨台さざえ堂」とも称します。
 お堂の八角形は、仏の教えである八正道/はっしょうどう(正しく真理を見る、正しい考え、正しい言葉、正しい行動、正しい生活、正しい努力、正しい思い、正しい集中)を意味し、栄螺を模した螺旋状の構造は、仏の眉間にある右巻きの白い毛(白毫/びゃくごう)を象徴しています。仏は白毫から智慧と慈悲による救いの光明を放つことから、これを本学の建学の理念である「智慧と慈悲の実践」に重ねて具象化したものです。
 なお、鴨台さざえ堂は会津さざえ堂に倣った構造ですが、会津さざえ堂は六角形、鴨台さざえ堂は八角形となっています。


情報元
大正大学プレスセンター