女優・川上麻衣子さん講演「スウェーデンから。三陸へ。−女優(わたし)の道」 メトロポリタンで31日 /東京

女優でガラスデザイナーの川上麻衣子さんが31日午前11時半から、ホテルメトロポリタン(豊島区西池袋1、池袋駅西口)で開かれる「毎日メトロポリタンアカデミー」(MMA)で講演します。演題(仮題)は「スウェーデンから。三陸へ。−女優(わたし)の道」です。

 川上さんは、スウェーデン生まれ。14歳の時、NHKのドラマ人間模様「絆」でデビューし、同じ年のTBS「3年B組金八先生」の生徒役で注目されました。以後、「でべそ」「その男凶暴につき」などの映画に出演し、舞台「ドアをあけると…」「十二夜」では主演。ガラスデザイナーやスウェーデンの教育絵本「愛のほん」などの翻訳や、東日本大震災で被災した三陸鉄道の復旧を通じて東北地方の復興を支援する「キット、ずっとプロジェクト」の一環として、今年4月に運転再開した同鉄道南リアス線吉浜駅(岩手県大船渡市)にある「サクラサク歩道橋」の装飾をデザインするなど幅広く活動しています。

 会費は5000円(会食費を含む)。問い合わせ・申し込みはMMA事務局(電話03・3212・2275=平日午前10時〜午後5時)へ。

 主催 毎日新聞社

 共催 東京商工会議所豊島支部

 後援 東日本旅客鉄道株式会社

 協賛 ホテルメトロポリタン